FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

パニーと申します。

横浜で一人暮らしをする飼い主♀とポメラニアン♂パニーのマイペース日記。                    他にも、実家のカイ♂と妹の家のミュウ♀も登場します。                              たまに独り言も…

イタリア世界遺産めぐり。 ‐バチカン市国‐ 

観光最終日。
朝イチでバチカン市国へ。
P7024207.jpg


ローマ市内にあるのに、一つの国ってすごい話っすね。。。

ここも行ってみたかった所。
サン・ピエトロ寺院。
P7024217.jpg

P7024212.jpg


イタリアを訪れて、ドゥオーモと呼ばれる大聖堂にかなり訪れて、
中には、女性は肩を出しちゃいけない…とか規制があったけど、
どれもそれほど厳しくはなかった。。。



けど、ここは別格。



サンダルはOKだったけど、短パンやノースリーブなんかはNG。
ちょっとしたストールなんかを肩にかけておけばOKですが、
やっぱり日本てちゃんとしてるな~と思ったのは、

服装チェックで
入れない外人がウジャウジャ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

一体何しに来たんだか。。。





中はとっても混雑してた。。。
けど、なんかすごく神聖な感じがしました。
P7024248.jpg

P7024222.jpg

何が何だか、詳しかないけど、
どれもこれも目を奪われてしまいます。
P7024241.jpg

P7024255.jpg

P7024228.jpg

P7024254.jpg

P7024264.jpg

スイス人衛兵。
P7024293.jpg


P7024296.jpg

P7024301.jpg

P7024308.jpg

P7024304.jpg



とても貴重な見物が出来ました。。。





↓ランキングに参加しています。ポチっとお願いします。
★イタリア旅行記も、いよいよ次回で最終回??。


にほんブログ村

Posted on 2011/08/02 Tue. 16:04 [edit]

category: 旅行

thread: ★イタリア旅行★  -  janre: 旅行

TB: 0    CM: 0

02

イタリア世界遺産めぐり。 ‐マテーラ‐ 

アルベロベッロを後にして、次に向かったのはマテーラ。
P7014016.jpg




…実を言うと、私的に、このイタリア旅行において、
思いがけず良かったランキング №1の場所。
…とゆーか、マテーラの勉強不足で、よく知らなかったからなんだけど。。。


写真じゃ伝わらないかもしれないけど、
すっごーーーーくステキだった~~
P7014030.jpg

P7014042.jpg


ここは、サッシと言われる、洞窟住居があって、
1億年前の穴とかも見ることができる。
P7014047.jpg

P7014049.jpg


P7014093.jpg

P7014066.jpg



このサッシの中を見物することに。
P7014068.jpg

中は結構涼しい。
P7014069.jpg

P7014070.jpg

P7014080.jpg

P7014103.jpg

P7014110.jpg


そしてランチタイム。
P7014129.jpg

P7014125.jpg

ペペロンチーノ。
P7014132.jpg

P7014135.jpg




↓ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします。
★マテーラ、、、の発音は完璧だと思います。
 

にほんブログ村

Posted on 2011/08/01 Mon. 10:00 [edit]

category: 旅行

thread: ★イタリア旅行★  -  janre: 旅行

TB: 0    CM: 2

01

イタリア世界遺産めぐり。 ‐アルベロベッロ‐ 

カプリ島から、今度はアルベロベッロにやって来ました。
けれど、私の晴れ女の威力も急に力尽きたのか、
雨が…
P7013850.jpg
稲光もあって、ちょっと怖かった。


でも、ホテルに着くころにはほとんど止んでた。
P7013854.jpg


夕食。
P7013861.jpg

耳たぶ型のパスタ。
P7013866.jpg

P7013872.jpg

P7013879.jpg



翌朝、部屋の窓からの眺め。
P7013886-1.jpg
お天気の心配はないみたい



ホテルから徒歩で、とんがり屋根のトゥルッリを散策。
P7013892.jpg

ここは何とも言えない可愛らしい街でした。
P7013974.jpg


P7013963.jpg


P7013922.jpg

単数ではトゥルッロと言って、『屋根一つ、部屋一つ』という意味らしい。
石灰岩でできていて、屋根は新しい程、白い。
年月が経つに連れて、黒っぽい色になってくんだとか。
P7013911.jpg

丁度、屋根の修復工事みたいなのをしてた。
P7013914.jpg

P7013968.jpg

P7013918.jpg

P7013927.jpg

P7013991.jpg

P7013962-0.jpg


これって、ポメ…???
ちょっとパニーをBIGにしたよーな。。。
P7013907.jpg
でも、ポメのパピー特有の猿顔ちっく。

この子雑巾っぽいけど、すっごく可愛かったなー
P7013925.jpg

このアルベロベッロに、唯一の日本人が住んでいて、
ここに嫁いで20年のようこサン。
P7013966.jpg


P7013970.jpg


P7013996.jpg

P7013995.jpg

P7013983.jpg

P7013982.jpg

P7013981.jpg

P7013987.jpg


なんだか時間がゆっくり流れているよーな街だったな~
P7014002.jpg

P7014005.jpg



↓ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします。
★こんな世界遺産の街、いいな~~


にほんブログ村

Posted on 2011/07/31 Sun. 10:00 [edit]

category: 旅行

thread: ★イタリア旅行★  -  janre: 旅行

TB: 0    CM: 0

31

イタリア世界遺産めぐり。 ‐カプリ島‐ 

青の洞窟に入れて、感無量。



そして、あっとゆーまに青の洞窟の行程を終えて、ランチタイム。
P6303732.jpg

P6303739.jpg

P6303728.jpg

この前のフルーツカクテルより、こっちのが美味しかったな~~
P6303741.jpg


カプリ島はレモンが有名とゆーコトで、
レモンジュースをオーダー。
P6303730.jpg
あまりの酸っぱさの為に、砂糖も用意されていた。
P6303731.jpg



きっと酸っぱいだろー…と思って、スプライトも頼んで
半々に割って、レモンソーダにしたー。


それでも酸っぱかったけどね。




ここのレストランはオシャで可愛かった~。
レストランからの眺め。
P6303743.jpg


可愛いお花もいっぱい咲いてた。
P6303748.jpg

P6303752.jpg

P6303756.jpg

P6303757.jpg



あと、本土に帰る時に可愛いミニピンがいた。
P6303721.jpg
おとなしくて、お利口さんだった。


カプリ島、ステキな思い出をありがとう。。。
P6303764.jpg




帰りの高速船で、犬がそのまま乗ってた。。。
P6303769.jpg
日本じゃ ありえねー。


この旅で、結構な数のわんこを見たにもかかわらず、
あんまりパニーのコトは思い出さなかったなー(薄情な飼い主ですんません…)



フィレンツェ出身のジョバンニ。
大好きなジョバンニ、さよなら~~
P6303775.jpg





↓ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします。
★カプリ島、青の洞窟、ありがとう~~


にほんブログ村

Posted on 2011/07/30 Sat. 10:00 [edit]

category: 旅行

thread: ★イタリア旅行★  -  janre: 旅行

TB: 0    CM: 0

30

イタリア世界遺産めぐり。 -青の洞窟 2- 

朝からドキドキだった。。。




この日、この旅行で一番の目標が
達成できるのかどうか…が決まる日だったから。。。 (詳細はこちら





青の洞窟は、午前中に行った方が波がおだやからしく、
朝イチで高速船でカプリ島へ。
P6303636.jpg
約50分くらい乗りやす。




カプリ島に到着したら、今度は40人くらい乗れるボートに乗り換えやす。
P6303646.jpg



このボートに乗る前に、私達より先に出ている便が
洞窟に入れている…との情報が入りました。

けれど、それでもまだ自分たちが入れる確証はナスィ~
だって、洞窟に近づくに連れて、だんだん雲行きが怪しくなってきてるしーーー
P6303650.jpg


けど、これまた近づくに連れてどんどん晴れてきたーーー
P6303659.jpg



そして、洞窟の目の前まで来た。
ここで4人乗りの小船に乗り換えるんだけど、約40人乗りのボートが5艘、
そしてそこから4人乗りの小船に乗りかえって言ったって
小船も限られた数しかないので、ガイドさんだか添乗員さん達によって
ジャンケンとなって、私達のボート(約40名)は4番目。
更にそこから40人が各々小船に移るので、かなり待つコトになった。
P6303672.jpg

↓ボートから小船に移ってるところ。
P6303673-1.jpg




この待ち時間によって、天候が変わって乗れないとかナシだからーーー






それから、胸が熱くなるものが。。。
P6303680.jpg


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
P6303682-1.jpg


こんな、遠くイタリア・カプリ島の地にも
日本の復興を願う横断幕が。

添乗員さんは泣きそうになってました。。







小船にはそれぞれ船頭さんが乗ってて、この船頭さんが洞窟に入る度に
洞窟に入る為の入洞料(私達の分)を、入口付近の船に払うしくみになっているみたい。
更に私たちは、船頭さんに最後にチップを払うコトになっている。(1€)
P6303675.jpg


そして、要約私達のボートが小船に移れる番になった。



小船に乗って、青の洞窟の前まで行ったら、
ほとんど寝た状態にならないと入口に入れませーん。
P6303688.jpg



ちなみに(出てくる所だけど)こんな感じ
P6303708.jpg


だけど、ここで事件ッッッ





次が私達の小船の番だったってのに、
後から聞いたらアメリカのでかい船が丁度、やって来たとかで、
急に波が高くなってしまったーーーーーヽ(`Д´)ノ



だから、波はかぶるわ、デジカメは濡れるわ、
それも中途半端な疲れる態勢のまま、揺らり揺られて待つわ、待つわ…(ノ_-。)


でもぶっちゃけ、波をかぶったのは
友達とオイシイと思ってしまったんだけどね笑
『イタリアの波、かっぶたねー、しょっぱかったねー』とか
得意げに旅行の最後まで言ってたしー



でも、この時はアメリカのデカイ船のコトとか全然知らなかったから
『ヤベー、マジで入れないかもしんないーーー』と、
本当に内心ドキドキしちゃった~





そして、やっと波が落ち着いて、
いざっ NOW~
P6303691.jpg





































すると、なんとゆーコトでしょう~~(ビフォーアフター風)
P6303692.jpg



そこには、なんとも言えない、
青くて神秘的な世界が広がっているではありませんかーー
P6303693.jpg


友達が撮ってたムービーにも、しっかり入っているんだけど、
この時の私は、ものすっごい興奮で、
『すごーい!!!!キレーーーーーイ




と、我を忘れて、ただただ叫んでいました。。。



ここで、船頭さんが帰れソレントへだか何だか
陽気に歌を歌ってくれます。




だけど、本当に本当にステキな空間でしたー。
これは写真では伝わらない。。。

写真とかでも結構見てたけど、実際見るのは全然違いました。。





ずっと夢見てた青の洞窟への入洞だったので、
夢が叶って、とても嬉しかったです。。。


もう私の中では、このイタリア旅行は完全燃焼と言えます。
(まだ終わってないけど)


そして、またボートに乗って
カプリ島の街の方へ帰っていきました…とさ。
P6303713.jpg




つづく。




↓ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします。
★青の洞窟、めでたく入れました~~♪
さすが、晴れ女


にほんブログ村


Posted on 2011/07/29 Fri. 11:52 [edit]

category: 旅行

thread: ★イタリア旅行★  -  janre: 旅行

TB: 0    CM: 0

29