06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

パニーと申します。

横浜で一人暮らしをする飼い主♀とポメラニアン♂パニーのマイペース日記。                    他にも、実家のカイ♂と妹の家のミュウ♀も登場します。                              たまに独り言も…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

イタリア世界遺産めぐり。 ‐フィレンツェ‐ 

成田から約12時間かけて、ローマのレオナルドダヴィンチ空港へ到着。


この頃で、夕方6時半くらいだとゆーのに、
日差しが強い~~~。(サマータイム実施中)
P626247011-7.jpg
夜の9時を過ぎても、まだ明るかったし。





このままフィレンツェ郊外のプラトーという場所にあるホテル プレジデントへ。
P6262483-07.jpg

お部屋はとても広かった。
P626248011-7.jpg

けれど、アメリカとかに比べるとヨーロッパってベッドが小さいの??
P626247911-7.jpg



なんか、幅も長さも日本人でも小さめの私にピッタリのサイズ。
でも、私の短い脚をちょっと広げたもんなら、ビロローンってなっちゃう。。。

だから、多分普通の人じゃ小さいと思う。。。





そして、翌日ミケランジェロ広場へ。
P626249211-7.jpg


ここからの眺めはサイコーだった~~
P626250511-7.jpg
フィレンツェの歴史地区はユネスコの世界遺産に登録されています。




P626249911-7.jpg

フィレンツェ最古の橋である、ベッキオ橋が見えます。
P626250111-7.jpg



お土産屋に寝てたわんこ。
P626250711-7.jpg

おそらく↑コイツのだと思うけど、うん○踏みそうになったしーーー



なんかイタリアに来て、犬の散歩とかしてる人をかなり見かけて
日本みたいに、お散歩バッグを持ってないのが気になった。。。


だから、道端に犬のが落ちてるのを相当見た。。。




しかも、日本は小型犬が多いけどこちらは(欧米全体なのかな??)
中型犬~大型犬が多くて、その分もご立派



外を歩くたびに、結構気をつけた





それからウフィツィ美術館へ。
P626253211-7.jpg

ギャラリーという言葉が生まれたのは、こちらの美術館なんだそうで
殺風景な廊下にも沢山の美術品を飾り、ただ歩くだけでなく目で楽しみながら歩けるようにしたんだって。


だから、廊下にもびっしりと彫刻品とかが飾ってあった。



昔、織田信長が優れた文化に目を向けて、仕えとして10代からの若者5人を送りこみ
若者たちはここを訪れたんだとか…。
かなり長い期間いい待遇を受けて、それは日本にとっても貴重な体験だったにも関わらず
何年後だかに日本に帰ると、織田信長の時代は終わっており
その若者たち5人の中には、処刑された者もいたとか。。。

だから、せっかくの経験談が日本に広まることはなかったんだって。





こちらは館内の撮影は禁止。


だけど、館内から外を撮影するのはOKらしくて、
先ほどのヴェッキオ橋がよく見えるスポットへ。
P626253611-7.jpg


こちらでは本当に数多くの美術品が展示されていて、
要所要所の鑑賞となりました。

受胎告知とか、ヴィーナスの誕生とか聖母子と天使とか。。。


現地のガイドさんに説明を受けながら鑑賞出来たので、
1つ1つの絵画にも、ちゃ~んと意味や物語があるんだな~って感じでした。

詳しくはウィキペディアを見てくださいまし~~


目の前のシニョーリア広場。
P626257911-7.jpg

P626255511-7.jpg


ヴェッキオ宮殿。
P626257611-7.jpg



ちょっとだけ中。
P626256711-7.jpg



ドゥオーモ。(大聖堂)
P6262591.jpg

P626260211-7.jpg
確か、一番左にいるのが裏切り者のユダ??だかで、
神妙な面持ちをしているとか言ってた気がする~


P626260711-7.jpg

P626258611-7.jpg


天国への扉。
P626259811-7.jpg



そしてランチ。
P626261311-7.jpg

きのこのフィットチーネ。
P626261511-7.jpg

甘かったけど、結構美味しかったりんごか何かのパイを撮り忘れ


会社の先輩(おパンティーくれた)が、何度かイタリア行ってて
かなり昔、フィレンツェなんて何もないわよ って言ってたから
あんまし期待してなかったけど、どこを見ても、オシャレで可愛らしい街並み。
P626261711-7.jpg




かなり色々なスポットに訪れたし、写真も撮ったけど
ある程度歴史を知らないともったいない気がする。(私みたいに)


まぁ、見るだけでも価値があると思うけどね。
P626258711-7.jpg



次回につづきます。




↓ランキングに参加しています。
このイタリア紀行がちょっとでも良ければ、ポチっと応援お願いします。


にほんブログ村

関連記事

Posted on 2011/07/08 Fri. 12:00 [edit]

category: 旅行

thread: ★イタリア旅行★  -  janre: 旅行

TB: 0    CM: 1

08

コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/03/13 13:24 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://panny813.blog24.fc2.com/tb.php/491-dab18f44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。