FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

パニーと申します。

横浜で一人暮らしをする飼い主♀とポメラニアン♂パニーのマイペース日記。                    他にも、実家のカイ♂と妹の家のミュウ♀も登場します。                              たまに独り言も…

母と娘の旅。2 

北海道旅行のつづきです。
摩周湖で、衝撃のジンクスを知った、年頃の私ですが、
その後、近くにある硫黄山へ。
h

この山は、地熱が高いので所々雪が積もっていません。
h
火山ガスが噴き出して、独特なニオイがします。



こちらではアイヌの民族衣装を着て、母と一緒に写真を撮ってもらいました。





そして、この次に網走へ行って、流氷とのご対面だったのですが、
結構気温が暖かかったのと、風の都合で、流氷が沖合70㎞の所に。
なので、砕氷船での流氷は見られないとのコトでした。
(船で行っても片道半日かかるって…

更に、この日は波が高かったので、船が欠航となってしまいました。
まぁ、乗っても見られないなら、別に乗らなくても構いませんが、
やはり流氷が見られないのは残念でした。。。
小さな流氷はバスで走ってる時に少しだけ見られたんですが…


元々予定には入っていた、流氷館へ。
こちらでは、マイナス17~18℃の世界で、
濡れたタオルを1人1人入口で受け取り、タオルがカチカチになる体験ができました。
h
タオル片手に本物の流氷に触る母。
アザラシのはく製が乗ってます。


流氷館の屋上の展望台から、海を望むも
やっぱり流氷は見えないなー
h



あと、動くので上手く撮れなかったんですが、クリオネー
h

 このクリオネ、巻貝の仲間だそうです。
 エサは決まったプランクトンか何かで
 数カ月食べなくても生きていられるそうです。

 この時のバスガイドさんが、以前クリオネを3  匹、
 知人に貰って、冷蔵庫の中で飼っていたそうな  んですが
 仕事で数日家を空けて、帰ったら
 なんと、全滅(>_<)

 それで、お母さんに聞いたら、
 エサが何だかわからないから、別で飼っていた
 熱帯魚のエサを与えてしまったそうです






h
こちらは、網走監獄博物館。



以前使われていたものを、そのまま移設したり、復元してたりします。
マネキンで、リアルに再現してたりするんで、一瞬、本物の人間だかわかりませんでした




独居房とか
h

h



それからお風呂。
h
よく見ると、背中にカラフルな絵が。。。

もちろん毎日入れるわけではないそうです。



網走監獄は今から120年程前、厳しい寒さの中逃げ出すコトも出来ないくらい
辺りには何もなく、北海道が発展していなかった頃、
極悪犯・政治犯などの受刑者を
北海道開拓のために労働者として使うことを目的に出来たそうです。


冬の寒さが厳しいことから『最果ての監獄』と言われ、
ここに来た者は一生帰れないと恐れられていたそうです。
h



関係はナイと思いますが、氷でできた建物も。
h




その後は、濤沸湖へ
h

h
こちらでは、絶滅危惧種で天然記念物のオジロワシのツガイを見ることができました。
高い木の上で、2羽のんび~りしてました。




他にもエゾシカも沢山見ることができました。
私は見れませんでしたが、キタキツネも見れたみたいです。






夜は、知床オーロラファンタジーとゆーイベントを見に行きました。
昭和33年に実際知床でオーロラを見ることができたそうで、
当時それを見た少年が、あの感動を再現できないものかという想いで実現したそうです。
h
始まる前に燻して、煙モクモクの中行われるので、結構けむかったですが、
テーマがそれぞれあって、音楽に合わせて光が踊りだすような感じでした。
h
オーロラはまだ見たことがありませんが、これもとってもキレイで
母も私も感動しました


h



北海道、最後の夜は、ウトロ温泉でゆっくり疲れを癒します



そして、最終日は日本の滝100選にも選ばれている、近くのオシンコシンの滝へ
h
↑上りは良かったですが、下りは何度もツルッと行きそうになりました。
やっぱり、雪に慣れてないので怖かった~



数日前までは寒さで凍ってたそうですが、やはり私たちが行った時は
暖かかったようで、だんだんと溶けて水が流れ出していました。
h



h




そして、この後、中標津空港から羽田へ
母は以前、友達や私の妹と札幌の雪まつりなんかも行ってますが
私は3度目にして暖かかったとはいえ、初の冬の北海道となりました。
キレイな雪景色や、美味しい食事が楽しめました。
何より、母と旅行出来たのはいい思い出になりました。




母は若くして私を産んでいるので、30代の娘と40代の母。
同じ女性でも、自分で選んで歩んでる道は大きく違うと思います。




この年でも、まだまだしっかりしてない私に比べて、
母は若い頃から自由もなかっただろうに、本当にすごい人だと思います。
今私の年で、小学生の子供がいるなんて、私には想像できません。。。


そして、一番下である妹が私や弟を差し置いてより先に、さっさと結婚して、
子供が生まれて、母には孫が出来ました。




結婚してない私にとっては、なんだか母がおばあちゃんになった実感があまりナイんですが



人生色々ですが、まぁ、私は晴れ晴れとした摩周湖も見てしまいれましたし、
あと20年は独身生活を送るコトになるかもしれないので、
ここで何を言っても、仕方ありません



妹は結婚式を挙げてないので、私は元気な父と一緒にバージンロードを歩いて
可愛い姪っ子達にリングガールでもしてもらうのを夢見て
これから、パニーとゆっくりのんびり楽しみたいと思います






↓流氷リベンジすると誓った母に応援ポチお願いします。

にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted on 2010/03/03 Wed. 12:49 [edit]

category: 旅行

thread: 冬の北海道  -  janre: 旅行

TB: 0    CM: 4

03